背中にきびの原因

背中にきびの原因

いろいろと背中のにきびができる原因はありますが、アクネ菌はそのひとつといわれています。アクネ菌は顔などの皮膚の毛穴にあるといわれるものです。これは顔ににきびができる原因にもなっています。顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのが、このアクネ菌なのです。

背中ににきびが出来てしまう原因は、背中の皮膚の毛穴によけいな皮脂が詰まって皮膚が化膿することなのです。とくに汗をかいた背中をそのままにしておくとアクネ菌が繁殖しやすくなり、背中ににきびができてしまいます。汗がたまりやすい化学繊維の下着などは背中がにきびができやすい環境になりやすいかもしれません。アクネ菌や皮脂や汚れの付着が背中ににきびを作りやすくさせているのです。

にきびの跡が背中のにきびを放置しておくとできてしまうのがやっかいです。このにきび跡に悩んでいる人がかなりいるのも事実です。にきびが悪化するとにきび跡ができるのは、顔も背中も同じなのです。背中のにきびのきっかけとなる汗や皮脂をまずは防ぐことです。またにきびが跡になるまで酷くならないように気をつけましょう。キレイな、にきび跡のない背中を目標にしたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加