ニキビと背中エステ

ニキビと背中エステ

ニキビは意外と背中にできますが、なぜでしょうか。背中は比較的汗腺が多く皮脂を多く出す場所です。そのためニキビの温床になりやすいのです。アクネ菌という菌に栄養を与えるとニキビの原因物質ができます。アクネ菌は毛穴の中に存在しており、何かのきっかけで栄養があるとニキビができてしまいます。体は余分な脂肪を毛穴から出そうとしますが、毛穴が汚れ等で塞がれていると、皮脂が毛穴に詰まってしまいます。毛穴に皮脂が溜まると、アクネ菌は皮脂成分を分解して増え、その過程で皮膚に炎症を引き起こします。炎症を起こした皮膚は、やがて化膿してニキビになるというわけです。

背中にニキビを作らないようにするには、どうするべきでしょう。シャンプーやリンスの残りや、汗や油等が原因でニキビが出来るので、お風呂でしっかりと洗い流し、背中エステをしてあげましょう。ニキビを警戒する場合、夏は念入りに洗う必要があります。汗をかきやすく、ニキビができやすい環境であるためです。体を洗う時に泡立てたシャンプーで頭髪を包んだままでいると、シャンプーが背中に落ちて毛穴に入る原因になるので要注意です。ボディソープを選ぶ際には、まず背中の皮膚に潤いを与える保湿成分を含むものにしましょう。そして、抗菌剤としてイソプロピルメチルフェノール等を配合しているものを使うことで、背中を清潔に保つことができます。毛穴がしっかりと開くお風呂は、自分で出来る背中エステに非常に適しているのです。背中エステでしっかりケアしてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加