にきびケアと基礎化粧品

にきびケアと基礎化粧品

基礎化粧品は、日頃からにきびの予防やにきび跡のケアのためにも自分にぴったりのものを使い、にきびができてしまったときは化粧をしないようにしましょう。適切な肌のケアのひとつとして、洗顔も自分にあった洗顔料を用いてするということがにきび跡のケアにも関わってくることです。化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。とくに毛穴を塞ぐファンデーションはにきびを悪化させる要因となりますので、肌には良いものではありません。注意しなければならないのは、ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うことです。これはにきび跡を濃くする原因となってしまいます。それから刺激の強い化粧品や肌に負担となるものの使用は控えるようにしましょう。にきびがある時は肌が敏感になっているからです。クレンジングで化粧品を落とす時は、油分が少なく刺激の少ないものを選ぶ必要があります。案外オイルクレンジングを油の落ちがよいからという理由で使う人がたくさんいます。にきび跡には、成分に油分が含まれているオイルクレンジングは毛穴に残ることがありますので避けたいものです。オイルフリーの流せるタイプのクレンジングが肌への刺激が少なく、クレンジングをするにはおすすめなのです。また、拭き取りタイプのクレンジングは化粧品を完全に汚れを落としきれるものではなく、防腐剤や防カビ剤が含まれているのでにきび跡にいいとはいい切れません。にきびのケアにとって非常に大切なことは、自分の肌に適した化粧品選びをすることだといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加