敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケア

洗顔や基礎化粧品を付けた時、クレンジングをした時などに肌に痛みや痒み、炎症が起こったことがある人は、もしかすると敏感肌かも知れません。
皮膚科などで実際にそう診断されている人も多いかも知れませんね。
敏感肌であるからこそ、他の肌質の人よりも丁寧にスキンケアを行なう必要があると感じていることでしょう。

敏感肌には、アレルギーと同じように先天性のものと、化粧品などの影響による後天性のものがあります。
先天性の場合、対処の仕方は皮膚科医などの専門家にレクチャーしてもらうのが一番、と言う場合が殆どですが、後天性の場合はある程度対策することが出来ます。
スキンケアの基本となるのは「保湿」であると言っても良いでしょう。

敏感肌のスキンケアは、乾燥を防ぐことが何よりも大切です。
皮膚の潤いが無く、カサカサしていて粉を吹いたようになっていると、肌のバリア機能が働かなくなってしまいます。
この状態では石鹸や化粧品だけでなく、空気中のあらゆる刺激物が肌の中に侵入しやすくなってしまい、炎症を起こして痛みを感じることになってしまいます。
バリア機能が働かなくなると、肌の中にあるセラミドも減少して自力で潤うことが困難になります。

敏感肌専用で、保湿効果の高い化粧水や乳液、クリームを使用することはもちろん、馬油など刺激の少ないスキンケア商品を利用して、常に肌に潤いを与えることを心がけましょう。
スキンケア商品だけでなく、お風呂に入る時は保湿効果の高い入浴剤を利用することも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加