自分の肌タイプを知る

自分の肌タイプを知る

いつまでも若々しく、美しい素肌を保ち続けるためには、自分の肌のタイプを知ることが大切です。
自分の肌のタイプを知ることが出来なければ、適切なケアをすることが出来ないからです。
今回は、自分の肌のタイプを知る方法をご紹介しましょう。

まずは、いつも通り丁寧に洗顔しましょう。
20分~30分ほどそのままにしておくことで肌のタイプを知ることが出来ます。
時間が経過したあと、自分の肌がどんな状態になっているかチェックしてみましょう。

●テカリはあるけれど、カサつきは無いと言う場合=普通。
水分と皮脂のバランスが良く、比較的手入れをしやすい肌と言って良いでしょう。
●肌全体がカサカサしていると言う場合=乾燥
乾燥肌は、常に皮脂や水分が不足している状態です。
保湿系のクリームや美容液を上手に使って、常に潤いを与えてあげるようにしましょう。
●肌全体がテカっている=脂性
皮脂の分泌量が多いため、何かと肌トラブルがおこりやすいでしょう。
余分な皮脂を落として、ニキビなどが出来にくくなるように手入れをすることが大切です。
●場所によってテカリがあったり、カサついたりしている=混合
場所によって乾燥肌だったり、脂性肌だったりします。
部分毎に手入れする時に使う化粧品を変える必要があります。

1度は自分の肌のタイプを知ることが出来たとしても、年齢やよって徐々に変化してしまうことがあります。
前と違うな、と感じたら改めてチェックしてみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加